具体的にはどんな車両のことを指すのか

介護車

経営する福祉施設の送迎用に使いたいなどの理由で、福祉車両の導入を考えている経営者の方などもいるかと思います。ただ、具体的に福祉車両とはどんな車なのか、導入の際どのような点に気を付ければよいのかなどといった点が気になるという方も少なくないかと思います。こうした施設で利用される福祉車両とは、デイサービスの送迎などに使われるような、車いすの人や体が不自由な人が不便なく車に乗り込めるような工夫などがなされている車両のことをいいます。具体的には、車いすやストレッチャーに乗ったまま利用者を車両に登場させられるような、上下移動するリフトが付いているような車両のことをいいます。今では、バスタイプやタクシータイプ、さらには車両のトランク部分が車いすを利用している人のためのスペースになっている車両など、さまざまなニーズや道路状況などに対応できるようなラインナップが揃っています。いろいろなものを見比べ、施設の規模などに応じたものを導入する必要があります。

実際購入する前に気を付けておきたいこと

車椅子

福祉車両を導入する際にまずチェックしたいポイントとして、その車両にどんな機能が付いているかということがあります。車いすの人の搭乗の際の補助機能などが付いているかと同時に、何キロまで耐えられるのかなどという点も同時に確認しておくことが大切です。また、スロープタイプの物にしてもどこまで長さが伸びるのか、搭乗した後イスが回転するものなどは、車体の中でどの程度の空間の余裕があるのかなど直接のスペック以外にも総合的に見ておきましょう。また、福祉車両導入の際に利用できる可能性がある、各種減免制度を利用できる条件を満たしているかということも確認しておく必要があります。これを知っているのと知らないのでは、導入にかかる費用が違ってきますので、必ず自治体の詳細などをホームページなどで確認しておきましょう。その他、送迎先や利用が想定される場所などの駐車スペースに止められるかということも、福祉車両を選ぶ際に重要なポイントです。そのようなことを確認しておかなければ、行ける場所が制限されてしまうため必ず確認しておきたい要素の1つです。そして、何より大事にしたいのが安全性です。高齢者や体の不自由な方は、少しの衝撃でも体に大きな負担がかかることも少なくありません。カーブなどを走った時の揺れは少ないか、高齢者などの体を守る設備は付いているかなどという点はほかのどの点よりも注意しておきたいポイントとなります。